Home » ブックオブデッド

ブックオブデッドスロット

古代エジプトのピラミッドの財宝をモチーフにしたブックオブデッドスロットは『Play’n GO/プレインゴー社』が手掛けた、3×5リールで最大10ラインのスロットゲーム。

『ダブルアップ』機能が搭載により巷で話題となっている機種。今すぐプレイ! 👇


早めに書物図柄3つ以上の出現を祈り、フリースピン突入を願う

7図柄はなく、一見すると探検家がフリースピンキー図柄のように見えますが、実はタイトルにあるように『本』が重要なキー。

その本図柄がフリースピンに直結するのです。

これが3つ以上出現すればフリースピンに突入します。

またペイラインが最大で10もあり、一番配当が高い探検家図柄が揃えば通常時でもワクワクすること間違いなし。

後述にて詳しく紹介しますが、ダブルアップ機能があり、ギャンブラーにとって血が騒ぐ自力運要素がありますのでユーザーを飽きさせない仕様が施されています。

書物図柄がカギ!フリースピン突入の役割以外にWILDの役割もこなす

フリースピンに突入するには本図柄が3×5のマスに3つ出現することが必要条件ですが、2つしか出現しない状態でも損することは決してありません。

なぜなら本図柄はWILD図柄扱いになるからです。

例えば、有効ライン上に小役の中で一番配当が高い探検家図柄が真ん中以外の4つに出現したのはいいけどこのままでは配当がゼロ。

しかし、有効ライン上の真ん中に本図柄が登場すればペイアウト×5000の配当に置き換わり、大きな配当につながるのです。

実際にコレが来れば短命で終わるフリースピンよりは稼げることになります。

フリースピン

本図柄が3つ以上出現するとフリースピンに突入します。

普通のフリースピンと違う点として、ある特定の図柄が出現すればミステリースキャッターとしてその図柄に置き換わり、高配当につながるのです。

例えば、探検家図柄が来れば上中下に探検家図柄に置き換わり、結果的にそれが高配当になるのです。

今回は10という最低払い出し小役が置き換わる感じとなってしまいましたが、10が多く出現したのでそれなりの成果を得ました。

ダブルアップは積極的な参加を!うまくいけば低配当が高配当に!?

上記画像にある605WINをさらに伸ばすことを可能にするのがブックオブデッドのギャンブル機能、いわば『ダブルアップ』機能です。

トランプにある絵柄や色を当てる感じで、1つ目が赤か黒を選択するモノ、2つ目がさらに細かく分類してハート、ダイヤ、クラブ、スペードのいずれかをピンポイントで当てるモノ。

赤か黒を当てれば2倍、ハート、ダイヤ、クラブ、スペードのいずれかをピンポイントを当てれば4倍に配当が跳ね上がります。

しかしハズレてしまうと、せっかくの配当がゼロになってしまうので、そこを選択するにあたりプレイヤーの判断となります。

パチスロ機種の中にもARTゲーム数を1/2で倍にする機能がありましたので、それと近いイメージです。

ブックオブデッドスロットまとめ

ブックオブデッドスロットは早い段階で本図柄が3×5リール内に3つ以上出現することを基本的に祈ることになります。

フリースピンの結果で思うように獲得できない場合、ギャンブル機能が搭載されているので、うまくいけば配当を増やすことが可能です。

つまり、フリースピンで大きな配当を獲得すればあえてダブルアップをしないでおき、思ったより少ない配当ならゼロになる覚悟でダブルアップを狙って配当を増やすやり方を取ることがこの機種では可能になります。

いずれもプレイヤーに選択権がありますので、ケースバイケースで対応してみてはいかがでしょうか。

オススメオンカジ
カジ旅レビュー
カジ旅レビュー

こんなオンカジ見たことない!「カジ旅」ではRPGで冒険しながらカジノゲームをプレイ

カジノエックス レビュー
カジノエックス レビュー

入金不要ボーナス$30進呈中!「監視トーナメント」など独自のイベント、最大20万円の新規登録ボーナスなど、その魅力を解説。

ベラジョンカジノレビュー
ベラジョンカジノレビュー

日本語対応オンカジと言えばベラジョンカジノ、という位ゆるぎない人気を誇るトップカジノサイト